お客様の声

神戸会社設立応援団!に寄せられたお客様の声をご覧ください。

エムズホーム株式会社 宮内信也様

エムズホーム株式会社集合写真 エムズホーム株式会社仕事風景

事業内容:不動産業

1. どのようなきっかけで起業されたのでしょうか?
もともと不動産会社で働いていたのですが、その会社は方針として利益を優先する傾向にありました。
しかし、私としては働いていく中で、利益を優先するのではなくお客様の力になりたいという思いが強まりました。折角、不動産という生活の基盤となる大切な場所を仲介しているのだから、ずっと住んでいたいと思っていただけるような場所を紹介できたら、自分にとっても嬉しくやりがいを感じるのではないか。
そのような思いがあったので会社を起ち上げました。
2. 創業から現在まで一番苦労されたことは何でしょうか?
不動産業というのは信頼関係で成り立っています。オーナー様との信頼関係だったり、同業者であったり。まだ、創業直後の名前も知られていない会社に対して物件を任せてくれるようなオーナー様も当初は多くなかったので苦労しました。

しかし、前の会社からお付き合いがあったオーナー様などから、「宮内」が新しく作った会社なら信用していいだろうということで物件を任せていただいたり、お客様から「以前住んでいた物件は良かった。」と教えていただきオーナー様にご挨拶に行ったり、信頼関係を築けていったことで取扱物件も増えていきました。

以前あるTV番組に出演する機会がありました。神戸の最安値の物件を紹介するという企画でしたが、TV番組出演の話をいただけたのも皆さまに信用していただけているからだと思っております。
3. 今後の事業展開を聞かせてください。
既に申し上げましたが、私はお客様のお力になれるようにと会社を起ち上げました。
弊社では物件を仲介して終わりにするのではなく、中古家電や、安い引越し業者などを紹介したり、契約がうまく決まらないお客様にはアドバイスをしたりと、お客様が生活しやすいように生活後のサポートもさせていただいております。
そうやって、どんどん新しい関係を作り、取扱物件をさらに増やし、2店舗目、3店舗目と多店舗展開していきたいです。できれば、自社物件も取得して収益の安定化も図りたいと思っています。

合同会社エースハイブ 篠原淳史様

篠原淳史様

事業内容:ゲームソフト開発会社

1. どのようなきっかけで起業されたのでしょうか?
以前にゲームソフト開発会社に勤務しており、ゲーム開発に思い入れがあったことと、スマートフォンの普及によりゲーム業界がまた盛り上がってきたと感じ起業を決意しました。前職の貿易会社では営業、経理、総務を経験しておりましたので、その経験も起業には非常に役立ちました。
2. 創業から現在まで一番苦労されたことは何でしょうか?
弊社の現在の事業は、ゲームプログラマーやデザイナーを出向という形でゲーム制作会社に送り、そこから制作報酬をいただいております。ですので、出向する社員は必須なのですが、最初は弊社の条件にマッチした社員がなかなか集まらずに苦労しました。
その後、社員が確保できたのは良かったですが、売上がない状態からのスタートですので資金面では苦しかったです。この時は日本政策金融公庫からの融資に助けられました。
3. (2)を踏まえて弊社は何かサポートできましたでしょうか?
気になったことは逐一質問しておりましたので、調べる手間を取られずに事業に専念することが出来ました。あと、融資の際にはアドバイスもいただきまして、かなり出来の良い事業計画書を作成することが出来ました。
4. 今後の事業展開を聞かせてください。
今後は、社員を10名程度にまで増やして、ゲームソフト開発会社への出向に加えて自社でもゲームソフトを開発していきたいと思っております。今は仕事の依頼はあるものの、社員が足りないという状況ですので、しばらくは社員集めに奔走していると思います。

株式会社SELF ACHIEVE 新原秀崇様

新原秀崇様 株式会社SELF ACHIEVE 集合写真

事業内容:インターネット事業

1. どのようなきっかけで起業されたのでしょうか?
私はアメリカ留学の経験があり、アメリカから仕入れた商品をネット販売しようと思い立ち、最初の会社を設立し起業しました。
2. 創業から現在まで一番苦労されたことは何でしょうか?
創業後は苦労の連続でした。アメリカから仕入れた商品が思ったように売れず、なかなか売上が伸びませんでした。正直もう辞めようかと思ったこともあります。何か新しい事業はないかと暗中模索していた時期に、3人の共同事業として始めた業種特化したポータルサイトの運営がうまく行き、売上もようやく安定しましたので、最初の会社の社長を共同事業者の1人に代わってもらい、去年5月に新会社を設立しました。
3. 今後の事業展開を聞かせてください。
ポータルサイトの運営で培ったノウハウを活用し、facebookを使った運営サイトの開発、リフォーム会社向けシステム開発など、企業向けシステム開発の受注を手がけていき、社名の「SELF ACHIEVE」を実現していきたいと思っています。

株式会社讃也(さんや) 椢原新也様

株式会社讃也(さんや)看板 椢原新也様

事業内容:うどん屋(飲食店業)

1. どのようなきっかけで起業されたのでしょうか?
初めは元町の一店舗のみで個人営業をしていましたが、三ノ宮に二店舗目を出すタイミングで今後の事業拡大を意識して法人化を考えました。
2. 創業から現在まで一番苦労されたことは何でしょうか?
自分としては万全のタイミングで会社設立の準備を始めたのですが、銀行の都合で半年ぐらい手続きが止まってしまいました。その少し前に個人での借入れをしていたことが影響したようですが、個人営業の方は消費税もありましたので大きい誤算でした。
3. 弊社は何かサポートできましたでしょうか?
個人事業の申告や、個人から法人での切替えでは何かとアドバイスをもらって助かりました。個人事業時代は顧問税理士はいなかったのですが、今は非常に重要性を感じてます。
4. 今後の事業展開を聞かせてください。
フランチャイズによる多店舗化を考えています。今は三宮店が忙しいので、自分がもう少し自由になれば具体的に準備を進めていきたいです。

株式会社Node 西脇秀人様

西脇様 株式会社Node 取扱商品

事業内容:アパレルのインターネット販売業

1. どのようなきっかけで起業されたのでしょうか?
アパレル関係に興味をもっていたので、20代からメンズ商品のネット販売を個人で行ってきました。何年かして取扱う商品をレディース商品に変えてみたところ、売上高が今まで以上に増加し、税金関係が複雑になると思い税理士に相談したところ個人よりも法人のほうが有利だと伺ったことと、事業を大きくしたいという希望が以前からありましたので起業しました。
2. 創業から現在まで一番苦労されたことは何でしょうか?
仕入先は基本ネットで探しているのですが、初めの頃はなかなか思うような仕入先が見つからなかったこと、色々な人達と会うことが多かったりして、会社の資金繰りを考えることなどで忙しくなかなか休みがとれないこと、ネット販売なのでネットを使いこなせる人材を育成することに苦労しました。
3. 今後の事業展開を聞かせてください。
今後はアパレル以外の色々な商品、例えば家電などのネット販売を行っていこうと考えています。

株式会社フューチャーワールド 寺谷雄一様

事業内容:オークションを中心としたコンピューター部品及びソフトの販売

もともと個人事業からスタートしましたが、売上が1億円を超えた頃からそろそろ法人化しようと思い、ホームページを検索していたら柴崎先生の事務所を見つけました。法人設立の時からのお付き合いですが、迅速な対応で感謝しています。
法人設立後、個人の申告について税務調査を受けました。調査に当たり、事前に問題点の指摘をいただきましたが、その通りの結果になり専門家の目の確かさを実感させられました。
今後ともよろしくお願いします。

株式会社ミチバタ・ジャパン・リミテッド 道端俊彦様

事業内容:寝具の販売

それまでは個人で確定申告していましたが、有限会社の設立をお願いして後、当初から経理面はすべて先生にお任せしています。遠方にもかかわらず、隔月で私どもの店までお越ししただき、感謝しております。
株式会社に変更することを考えていましたが、会社法が改正されると増資の必要もないということで、それまで待って、今年6月には有限会社を株式会社に変更することもできました。
今後ともよろしくお願いします。

株式会社セレモニーホールけやき 森本幸弘様

事業内容:葬祭業

実家が花屋を営んでおり、私自身は経営多角化の一環として葬祭業の修行を積んでまいりました。独立開業に当たり最初から有限会社を設立しようと思い、ホームページを検索して先生の事務所を知りました。
会社設立後は、会計ソフトの入力方法から細かい経理処理の流れまでご指導いただき、大変助かりました。
また、先生の顧問先の仏壇製造会社をご紹介いただきありがとうございました。

有限会社ノアド 石床公二様

事業内容:衣料品(有機綿素材)の販売

有限会社設立に当たり何人かの税理士と会いましたが、その中で最終的にお願いしたのが柴崎先生です。それまでも弥生会計を使って自分で記帳していましたので、会計面では特に何の不安もありませんでした。そのため、会社設立に当たり一番重要視したのが節税面のアドバイスです。当然すべての税理士の方に節税方法についてお聞きしましたが、その中で私が一番気に入ったのが先生のアドバイスでした。
弊社は輸入販売をしていますが、先生によれば、輸入の消費税処理が一番難しいのだそうです。最初のうちは、間違いもあり苦労しましたが、今では消費税の処理も問題なくできるようになりました。

会社設立応援団!は相談を無料で行っております。お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル:0120-313-415まで。携帯電話からでもご利用いただけます。受付時間は9時から18時30分まで。

会社設立応援団!へのお問い合わせメールはこちらから!24時間受付中

神戸会社設立応援団!への無料相談のご予約はこちらから

税理士の東石健太郎のグーグルプラス

ラジオ

このページの先頭へ